【新設】地域小規模児童養護施設[さつきの家]

平成25年4月1日

社会福祉法人つるみね福祉会により新たに運営する施設「さつきの家」が誕生しました。

内容は、つつじが丘学園で暮らしていた6名の子どもたちと3名の職員が、分かれて一つ屋根の下で暮らす形態です。

これからの施設の方向として、施設の小規模化・地域分散化が示されています。
地域小規模グループホームは、全国に平成19年度149か所が実施されています。(長野県では2か所目)

この「さつきの家」を開設するにも多くの方にご協力頂きました。
・生活に関わる備品についてはSBI財団様より2,815,474円の助成金を頂き整備することができました。
・つつじが丘学園支援会の皆様からの会員費より約500,000円を改修費として使わせていただきました。
・結果自己資金約1,500,000円を合わせて何とか開設することができた、みんなの希望の家です。

皆様からのご協力に感謝申し上げます。

築40年の民家を改修して5年契約でスタートした「さつきの家」。
どんなドラマがあるのでしょうか?今後このブログで伝えていきます。

子どもたちの未来のために
今後ともご支援ご協力をお願い致します。