【行事】信州の「里」を楽しむ

令和3年 夏休み

子どもたちに少しでも季節感を味わってほしいと身近な場所に出かけて自然と向きあいます。

一つとして同じ形のない石を触りながら、見えない川底を歩いて渡るバランス感覚。

見事に転んでおしりを濡らし、笑顔で歩き出す子ども。

「楽しかってね、また行こうね!」「そうしましょう。」