【学生】古民家風Caféで、

令和2年8月
この夏 大学の幼児教育学科学生が数名やってきました。

つつじが丘学園には子どもたちの生活場所から離れたところに古民家風Café(交流棟)があります。今回はその場所を使ってこっそり静かに「Café」ではなく「研修の時間」を提供しました。

今年は各大学が実習先の確保が難しく大変な状況が続いています。そのため学校・学生のために、施設の機能を使って安全を確保した上で特別な対応をしています。

このように全国の児童福祉施設は子どもたちの生活支援だけではなく、地域の保育士養成の為貢献しています。

大変な時こそ、お互いに協力しながらこの困難を乗り越えていきたいですね。素敵な保育士になって下さい。!(^^)!。

古民家風Café、皆さんどうでしたか?